健康食品・サプリメントの泉

プラセンタ

美容と老化防止によいといわれているプラセンタ

名前はよく聞きますが、どんなものでしょうか?

はたして美容や老化防止(アンチエイジング)に効能が期待できるものでしょうか?

調べてまとめてみました。

プラセンタとは

プラセンタとは胎盤(たいばん)のことで、胎盤は妊娠から分娩にいたるまで母体と胎児をつなぐ器官です。

プラセンタという場合には胎盤から抽出したエキスなどから作成した医薬品やサプリメントをさすことが一般的です。

胎盤は母体から胎児へ栄養分や酸素を供給し、老廃物や二酸化炭素を胎児から回収しています。

また、胎盤は母体から胎児に免疫を与える機能やホルモンを産出し、妊娠を維持する機能もあります。

胎盤は分娩後、後産(あとざん)として羊膜(ようまく)、臍帯(さいたい)と一緒に体外に排出されます。

医薬品としてのプラセンタ

人間の胎盤には女性ホルモンやそのほか医薬品としても有効な成分が多く含まれています。

そのため、エキスを原料にして産婦人科疾患、更年期障害肝臓病などに効く医薬品やシミ、シワ、ニキビなどの美容のための医薬品などが開発されています。

人間の胎盤はヒト免疫不全ウイルス(HIV)などに関する検査を実施し、安全性を確認していますが、未知の病原体があるかも知れません。

そのため人間の胎盤からつくった医薬品を注射する場合においては医師によるインフォームド・コンセントと本人の使用同意書が必要になっています。

また、献血の際にもチェックされ、人間の胎盤からつくったラエンネック、メルスモンなどの医薬品を過去に注射されたことがあれば献血できないことになっています。(2006年10月10日より)

プラセンタの効用

人間の胎盤を健康食品として使うことはできませんので、おもにブタやウマの胎盤をプラセンタとして使っています。

ブタやウマのプラセンタからアミノ酸ビタミンミネラル、酵素などのエキスを抽出したものを医薬品、飲料、錠剤にして使用するほか、美容液クリームなどの化粧品にして使用しています。

プラセンタは皮膚などの細胞の活性化によるシワやたるみの改善、美白の効能、基礎体力の活発化、免疫力の強化、抗炎症作用による老化防止(アンチエイジング)などが期待できます。

プラセンタのまとめ

プラセンタとは胎盤(たいばん)のことで、胎盤は妊娠から分娩にいたるまで母体と胎児をつなぐ器官です。

プラセンタという場合には胎盤から抽出したエキスなどから作成した医薬品やサプリメントをさすことが一般的です。

胎盤は母体から胎児へ栄養分や酸素を供給し、老廃物や二酸化炭素を胎児から回収しています。

また、胎盤は母体から胎児に免疫を与える機能やホルモンを産出し、妊娠を維持する機能もあります。

胎盤は分娩後、後産(あとざん)として羊膜(ようまく)、臍帯(さいたい)と一緒に体外に排出されます。

人間の胎盤のエキスを原料にして産婦人科疾患、更年期障害、肝臓病、シミ・シワ・ニキビなどの美容形成のための医薬品などが開発されています。

人間の胎盤からつくった医薬品を注射する場合においては医師によるインフォームド・コンセントと本人の使用同意書が必要になっています。

献血の際にもチェックされ、人間の胎盤からつくったラエンネック、メルスモンなどの医薬品を過去に注射されたことがあれば献血できないことになっています。(2006年10月10日より)

ブタやウマの胎盤を使ったプラセンタはアミノ酸、ビタミン、ミネラル、酵素などを含んでいます。

プラセンタはシワやたるみの改善、美白などの美容の効能、老化防止(アンチエイジング)などの効能が期待され、医薬品、美容液や健康食品として利用されています。

なお、健康食品としてのプラセンタはあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ