健康食品・サプリメントの泉

アンチエイジング

「君子論」「戦術論」で有名なマキャベリはあるとき、自分の新しい戦術を披露するために、兵士を集めて動かしてみせました。

ところがマキャベリが指揮すると、混乱するばかりで、収拾がつかなくなってしまいました。

ついに見かねた兵士の隊長が代わって指揮すると、兵士はみごとに動いたそうです。

これはペンと剣、理論と実践の違いでしょうか。

理屈は立派でも実際には何の役にも立たないというものは世の中にたくさんあります。

アンチエイジングも理論は立派でも実際に役に立たなければ意味がないのです。

アンチエイジングとは

アンチエイジングとは老化防止、老化予防、抗老化などさまざまないい方をされますが、一言でいえば、加齢にともなう疾患の発症確率を下げ、生活習慣病を予防し、美容と健康によい生活をし、長寿を目指すことです。

アンチエイジングのためには食生活の見直しと適度な運動などの生活習慣の改善を行います。

具体的には加齢による動脈硬化の予防、糖尿病の予防、変形性関節症の予防、骨粗しょう症の予防、白内障の予防、紫外線対策による皮膚などのシワ、たるみなどの改善などを行います。

老化とは

老化とは加齢とともに身体の臓器、器官に機能低下が生じることです。

まず、容姿に変化が現れ、皮膚などのシワ、たるみが生じる、毛髪が白くなる、抜けて薄くなり最終的にはハゲてしまうまでに変化します。

筋肉の力は弱くなり、瞬発力も持久力もなくなっていきます。

も細くもろくスカスカになっていき、関節もかたくなって動く範囲が狭まり炎症を起こしいわゆるロコモティブシンドローム(運動器症候群)になることもあります。

も遠くなり、とくに高い音が聴こえなくなります。

水晶体に異常をきたす白内障(はくないしょう)や網膜に異常をきたす緑内障(りょくないしょう)を発症することが多く、見えにくくなります。

頭も記憶力や認知力、判断力がなくなっていき、物忘れがひどくなり、さらには会話もできなくなり、認知症になって社会生活ができなくなってしまうこともあります。

老化の原因

老化の原因はさまざまなものがあって、すべてに対応することはできません。

たとえば細胞には分裂の回数に限界があるという説もありますが、では限界をどう伸ばすかという具体的な方法はまだわかっていません。

細胞分裂の際に少しずつ発生する突然変異がだんだん蓄積されていき、DNAの損傷が限界を超えるとアポトーシスという細胞の自殺が起きるということも細胞のガン化を防ぎ細胞全体の死を防ぐということからは必要なものです。

ただ、動物実験から食物を十分与えるよりも少ない食物で生活しているサルの方が老化は少ないことがわかっています。

それで過食は老化を引き起こすのではないかと考えられています。

つまり、過食によって発生した活性酸素が酸化ストレスとなり、活性酸素によるタンパク質核酸脂質など身体への攻撃となります。

その結果としていろいろな臓器、器官の機能障害、つまり老化が生じるのではないかといわれています。

糖尿病などの疾患では血糖値が高くなり、血管が破損しますので、酸素・栄養などが血液によって各臓器、器官に運ばれなくなって機能低下し、老化が激しく進みます。

脂質などを取りすぎてコレステロール値が高くなった場合は、動脈硬化の症状が出てきます。

動脈硬化とは心臓から全身に血液を送る血管の動脈の内側の壁が厚くなり硬くなった状態のことをいいます。

動脈硬化を起こすと、血管の幅が狭くなり、血が流れにくくなる、高血圧になる、血栓ができ、血が流れなくなるなど酸素・栄養などが各臓器・器官に運ばれる量が少なくなって機能低下し、老化が進みます。

そのため、高cal食の制限、脂質の燃焼のための運動、不足しているビタミンミネラルの補給などを行うと老化の進行を止めることができるのではないかと食生活の見直しを含めた生活習慣の見直しが進んでいます。

さらに、皮膚の老化には紫外線が大きく関わっていますので、美容や皮膚の老化対策にはヒアルロン酸を含む美容液を使うなどの紫外線対策も重要になっています。

アンチエイジングのまとめ

アンチエイジングとは加齢にともなう疾患の発症確率を下げ、生活習慣病を予防し、美容と健康によい生活をし、長寿を目指すことです。

アンチエイジングのためには食生活の見直しと適度な運動などの生活習慣の改善を行います。

具体的には高cal食の制限、脂質の燃焼のための運動、不足しているビタミン、ミネラルの補給などを行う、ヒアルロン酸を含む美容液を使うなどの紫外線対策を行うなど生活習慣の改善を行います。

なお、健康食品やサプリメントとしてのヒアルロン酸を含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ