健康食品・サプリメントの泉

ヒアルロン酸

美容と老化防止(アンチエイジング)によいといわれているヒアルロン酸。

名前はよく聞きますが、どんなものでしょうか?

はたして美容や老化防止(アンチエイジング)に効能があるものでしょうか?

調べてまとめてみました。

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸はグルコサミンを1成分とする、人間の体内のいたるところにある糖類です。

ヒアルロン酸は関節、硝子体(しょうしたい)、皮膚などの細胞の外にあって、水分の保持などを行っています。

ヒアルロン酸の働き

関節の関節液にはヒアルロン酸が含まれていて、関節をなめらかに動かす潤滑油のような働きもしています。

また、関節の軟骨ではタンパク質と結びついて、プラスチックのような物質を形成し、軟骨の機能や維持に重要な役割を果たしています。

ヒアルロン酸の用途

ヒアルロン酸は皮膚に直接塗布することによる保湿機能による美容の効能や老化防止(アンチエイジング)の効能が期待できます。

ヒアルロン酸は保湿機能を期待して、化粧品として化粧水乳液美容液などに配合されます。

ヒアルロン酸は関節症の治療に使うほか、白内障の手術での人工レンズの使用の際に使われます。

ヒアルロン酸は角膜移植や緑内障の治療にも使われ、ドライアイ用の点眼液の配合成分としても使われています。

また、変形性膝関節症の治療のため、ヒアルロン酸の薬剤を直接関節腔に注射することが行われています。

しかし、ヒアルロン酸の薬剤を直接関節腔に注射することは軟骨の再生や増加の効能があまり期待できません。

ヒアルロン酸の薬剤を直接関節腔に注射することは軟骨への栄養補給、潤滑剤、痛みの軽減などの効能を期待して行います。

関節液免疫担当細胞が少なく、注射の際に皮膚の細菌の侵入による関節内炎症がおきることがあります。

ヒアルロン酸といっても人間のヒアルロン酸ではありません。

鶏冠(とさか)からつくったものがあり、個人によっては異物反応が起き、炎症のもとになることもあります。

ヒアルロン酸の薬剤を直接関節腔に注射しても永続的な効能は期待できず、約半年ほどしか効能が期待できません。

ヒアルロン酸を摂取すると

ヒアルロン酸は錠剤やゼラチンでつくったカプセルなどで摂取されることがあります。

ヒアルロン酸を摂取しますと、腸で消化・吸収されます。

ヒアルロン酸がグルコサミンまで分解されますと長期間摂取することによって、関節腔の関節液まで血液で運ばれる可能性があります。

ヒアルロン酸は変形性関節症の予防のために摂取するのはよいでしょう。

また、ヒアルロン酸を健康食品やサプリメントとして摂取することによって皮膚の水分量が増えるという報告もあります。

つまり、ヒアルロン酸を摂取することは皮膚の水分量の増加の効能が期待できます。

ヒアルロン酸のまとめ

ヒアルロン酸はグルコサミンを1成分とする、関節、硝子体(しょうしたい)、脳、皮膚など人間の体内のいたるところにある糖類です。

ヒアルロン酸は細胞の外にあって、水分の保持などを行っています。

ヒアルロン酸を皮膚に直接塗布することによって、保湿機能による美容の効能や老化防止(アンチエイジング)の効能が期待できます。

ヒアルロン酸を摂取することによって皮膚の水分量の増加の効能が期待できます。

なお、健康食品としてのヒアルロン酸はあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ