健康食品・サプリメントの泉

健康食品とは

健康食品やサプリメント(サプリ)、特定保健用食品(トクホ)、などのまぎらわしいことばがあります。よくわかりにくいので、健康食品とは何かということをまとめてみました。

健康食品のはじまりは

1985年のアメリカとの医薬品・医療機器分野の協議のあと、1990年代のアメリカの要求による規制緩和により、いわゆるサプリメントと呼ばれる健康食品が市場解放されたのが始まりのようです。

また、九州などで昔から飲まれていた青汁やにんにくを主成分にした滋養強壮食品が1990年ごろから全国的に有名になり食べられ始めました。

まずいことを強調して、テレビ番組などで罰ゲームとして使われた青汁もあります。

今では、青汁も味がとても良くなり、粉末タイプのものばかりか、錠剤なども出回り、飲みやすいものになっています。

健康食品の分類

健康を維持増進する効能をもっていると考えられる食品が健康食品という社会的に認められた名前を持ったのですが、健康食品はあくまでも食品であり、エビデンス(医学的根拠)がある医薬品ではありません。

ふつうはcalや栄養素を補う食品ですので、主食にも副食にもならず、食事の代わりにはなりません。

健康食品はあくまでも補助食品になり、厚生労働省の分類ではさらに一般食品に分類されます。

中には健康食品やサプリメントだけを摂取して生活している極端な方もいらっしゃるようですが、いずれ健康を害することになりかねません。

漢方薬のような健康食品

健康食品は、原材料の粉末をそのまま使っているか、原材料のエキスの抽出を使っていることがよくあります。

いろいろな原材料を混ぜて、複合の成分の効能を得ている、漢方薬や薬膳みたいなものでしょうか。

すぐに効能は期待できませんが、じわじわと効能が期待できそうな健康食品がよくあります。

つまり健康食品は

健康食品は健康の維持増進を目的に有効成分の効能を強調した補助食品です。

社会的に健康食品と認知されていますが、エビデンス(医学的根拠)があって、医学的に認知されているものではありません。

健康食品の中には効能が期待できるものもありますが、その効能を国が認めたものではありませんし、その効能を保証するものでもありません。

なお、厚生労働省の分類によりますと、国が定めた有効性や安全性の基準などを満たした保健機能食品である、特定保健用食品(トクホ)や栄養機能食品以外の食品、一般食品になります。

当サイトの健康食品・サプリメントの最新情報はこちらからどうぞ