健康食品・サプリメントの泉

にんにく

にんにくは古くから肉の臭みを消して食欲を増す香辛料や香味野菜として使われてきました。

紀元前3,000年ごろのエジプトではすでに栽培が行われていました。

その後、中国から西暦700年ごろの飛鳥時代に日本に渡来したようです。

仏教用語の忍辱(にんにく)がその語源となったという説もあります。

にんにくとは

にんにくはネギの仲間の多年草で、その球根を香辛料として使う野菜です。

にんにくは肉を使った、中華料理、イタリア料理、フランス料理などの香辛料として使うと、肉の臭みが消え、食欲が増進します。

にんにくは日本では餃子や焼き肉のタレ、キムチなどに大量に使われます。

これらは、にんにく特有の悪臭をともなうため、臭い料理の代名詞です。

この悪臭は本人にはわかりにくいのですが、周りのにんにくを摂取していない方にはとても臭うため、商売や対人関係に支障がでる場合もあります。

にんにく、その効用

にんにくにはアリインやアリインがアリナーゼという酵素で変化したアリシンなどがあります。

アリインもアリシンも硫黄分を含むアミノ酸で、硫化アリルという成分になります。

アリシンは糖質の分解を促進するビタミンB1を多く含む食材、豚肉といっしょに摂取することで、疲労回復や体力増強に効能が期待できます。

また、ビタミンB6やその他ビタミン類、ミネラルも多く含み、身体の細胞の新陳代謝を盛んにして、体力増強、疲労回復、強壮、強精作用をもつ抗酸化成分も含んでいます。

その強精作用のため、仏教では修行の邪魔になるとのことで、禁忌食物になったこともあります。

にんにくは抗ガン作用もあり、とくに消化器官、小腸大腸における効能はエビデンス(医学的根拠)も認められています。

ただし、ガン予防の効能ということで、摂取するとガンになりにくくなるということです。

すでにガンになってしまいますと、医学的な処置がどうしても必要になってきます。

にんにくの臭いの消臭

にんにくの臭いを消臭するにはにんにくを摂取したあとに牛乳を飲むことがおすすめです。

牛乳のタンパク質のカゼインが臭いを消臭することや腸内にバリヤーを張って臭いのもとを吸収しにくくするという作用によりにんにくの臭いを消臭する効能が期待できるからです。

とくに寝る前に牛乳を飲むことがおすすめです。

お茶に含まれるカテキンなどのポリフェノールは消臭力もあって、にんにくのアリシンの臭いを消臭する効能が期待できますが、牛乳ほどではありません。

にんにくのまとめ

にんにくは古くから香辛料や香味野菜として使われてきたネギの仲間の球根です。

中華料理に、イタリア料理に、またフランス料理や日本でも餃子や焼き肉のタレ、キムチなどに使われています。

にんにくのアリシンの効能により、ビタミンB1を含む食材といっしょに摂取すると、体力増強、疲労回復、強壮、強精作用などの効能が期待できます。

にんにくの臭いを消臭するにはにんにくを食べたあとに牛乳を飲むことがおすすめです。

牛乳のタンパク質のカゼインが臭いを消臭することや腸内にバリヤーを張って臭いのもとを吸収しにくくするという作用によりにんにくの臭いを消臭する効能が期待できるからです。

とくに寝る前に牛乳を飲むことがおすすめです。

お茶に含まれるカテキンなどのポリフェノールは消臭力もあって、にんにくのアリシンの臭いを消臭する効能が期待できますが、牛乳ほどではありません。

なお、健康食品としてのにんにくはあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ