健康食品・サプリメントの泉

酵素

酵素ということばは消化酵素、代謝酵素などとよくにします。

酵素は生物が生存するうえでの必要物質で、身体を活性化するためのものなのです。

そこで、酵素とはどのようなものか、まとめてみました。

酵素とは

酵素とは生物が食物を消化、吸収、運搬、代謝、排泄にいたるまでに関与する、化学では触媒に相当するタンパク質です。

触媒はたとえばAという物質とBという物質が化学反応をして、Cという物質に変化するときに関与して自分自身は変化しませんが、Cという物質への変化の手助けをする物質のことです。

生物体内でも生化学反応という化学反応は起きています。

例えば唾液(だえき)膵液(すいえき)に含まれているアミラーゼという酵素はご飯などのデンプン麦芽糖ブドウ糖、デキストリンに変化させます。

ブドウ糖は腸から体内に吸収され、血管を通る血液から各細胞に行き渡り、生物活動を行ううえでのエネルギー源となります。

健康食品としての酵素

健康食品として使う酵素は米糠(こめぬか)や果実などの植物由来の物質やミルクや脂肪などの動物由来の物質に麴菌(こうじきん)などの酵母を加えて発酵させたものから抽出した物質です。

大部分は水分ですが、ビタミンミネラルと酵素と呼ばれるタンパク質を含んでいます。

酵素は発酵させていますから、熱を加えて乾燥させてしまうと、成分が変化してしまいます。

それで、たいていは、液体やクリームなどの形状をしています。

酵素を食べると

酵素を食物と一緒に摂取すると、摂取した消化酵素は消化を助ける効能が期待できます。

しかし、酵素はタンパク質ですので、消化酵素以外の酵素はほとんどが消化され、アミノ酸に分解されてしまいます。

つまり、酵素を食品として食べた場合、消化酵素以外は本来の生化学反応の触媒としての効能は期待はできません。

しかし、化粧水クリームとして使用した場合は、皮膚などの水分が保持されることが期待されますので、「美肌」になるなどの美容の効能が期待できる可能性があります。

ただし、酵母などの微生物が発酵する成分にはいろいろなものがあり、個人によっては皮膚に直接触れるとアレルギーや発疹などの異常を起こすものもありますので、自分の判断で皮膚に塗布する場合には注意が必要です。

また、健康食品としての酵素はビタミン、ミネラルを多く含んでいます。そのため、不足しがちなビタミン類の補給に役立ちます。

健康食品としての酵素はビタミンCビタミンEが豊富なものが多いので、美容の効能やダイエットの効能も期待できます。

健康食品としての酵素に含まれるポリフェノールは抗酸化作用を持つものがあり、コレステロール値の改善、動脈硬化の予防、老化防止(アンチエイジング)に効能が期待できます。

しかし、ビタミンAビタミンK過剰摂取すると健康を阻害することがありますので、注意が必要です。

また、妊婦の方は摂取する前に、医師などの専門家に必ずご相談ください。

酵素のまとめ

酵素とは生物が生物活動を行ううえで必要な、化学では触媒に相当するタンパク質です。

消化酵素は食物と一緒に食べると消化を助ける効能が期待できます。

消化酵素以外の酵素も酵素自体や含まれる、ビタミン類、ポリフェノールなどの効能により、「美肌」、コレステロール値の改善などの効能が期待できます。

酵素を化粧水や化粧クリームとして使った場合は、「美肌」の効能などが期待できます。

酵素を飲用した場合は、コレステロール値の改善などの効能が期待できます。

ただし、酵母などの微生物が発酵する成分にはいろいろなものがあり、皮膚に直接触れるとアレルギーや発疹などの異常を起こすものもありますので注意が必要です。

酵素によるコレステロール値の改善はダイエット、動脈硬化の予防、老化防止(アンチエイジング)の効能などが期待できます。

なお、健康食品としての酵素はあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ