健康食品・サプリメントの泉

コラーゲン

美容と老化防止によいといわれているコラーゲン。

鶏皮やすじ肉、軟骨、骨などによく含まれているといいますが、どんなものでしょうか?

はたして美容や老化防止(アンチエイジング)に効果があるものでしょうか?

調べてまとめてみました。

コラーゲンとは

コラーゲンは人間や動物の細胞外基質、つまり細胞外マトリックス(Extracellular Matrix)と呼ばれる細胞と細胞をつなぐ成分を構成するタンパク質です。

人体には大量に存在し、タンパク質全体の約30%を占めています。

人体では軟骨靭帯(じんたい)皮膚などの主要タンパク質の1つです。

コラーゲンが主成分のゼラチンはウシ、ブタなどの皮や骨、魚などのコラーゲンを酵素処理や熱処理してつくられます。

ゼラチンはゼリーなどのお菓子の材料や美容液などの化粧品の原料としてよく使われています。

医薬品としてのコラーゲン

コラーゲンにも1型、2型、3型など、いろいろなタイプがあります。

体内に直接注射するタイプの免疫に寛容な非変性2型コラーゲンは変形性関節症の炎症にも有効であるとの報告がされています。

また、一般にコラーゲンは水分を保持する機能がありますので、保湿クリームの原料としても使われます。

医薬品としてのコラーゲンはゼラチンとして医薬品のカプセルの原料として多く使われています。

コラーゲンの効用

コラーゲンを摂取すると、腸から消化酵素によってアミノ酸などに分解され、消化・吸収されます。

そのアミノ酸の血中濃度が長い間続くと、細胞の活性化が行われ、皮膚の繊維芽細胞が刺激され、皮膚の再生が促されることがわかっています。

つまり、皮膚のキメが整い、きれいになります。

アミノ酸とグルコサミンが関節腔にある関節液にまで血液で運ばれると、軟骨の再生の効能も期待できます。

最近の研究ではコラーゲンを摂取することによって、皮膚の繊維芽細胞以外の細胞、内臓細胞や骨、軟骨などに大きな生理的作用を及ぼすことがわかってきました。

コラーゲンの効用としては繊維芽細胞の活性化によるシワやたるみの改善と、それによる老化防止(アンチエイジング)があげられます。

コラーゲンのまとめ

コラーゲンは人間や動物の細胞外基質、つまり細胞外マトリックス(Extracellular Matrix)と呼ばれる細胞と細胞をつなぐ成分を構成するタンパク質です。

人体では骨、軟骨、靭帯(じんたい)、皮膚などの主要タンパク質の1つです。

コラーゲンの効用としては軟骨の再生のや繊維芽細胞の活性化によるシワやたるみの改善とそれによる老化防止(アンチエイジング)があげられます。

コラーゲンにも1型、2型、3型など、いろいろなタイプがあります。

医薬品として体内に直接注射するタイプの免疫に寛容な非変性2型コラーゲンは変形性関節症の炎症にも有効であるとの報告がされています。

医薬品としてのコラーゲンはゼラチンとして医薬品のカプセルの原料として多く使われています。

健康食品としてのコラーゲンはシワやたるみの改善による美容効果、老化防止(アンチエイジング)の効能が期待できます。

また、一般にコラーゲンは水分を保持する機能がありますので、保湿クリームの原料としても使われます。

なお、健康食品やサプリメントとしてのコラーゲンはあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ